すずらん(鈴蘭)の花言葉とは?意味や由来、英語名、色別(白・ピンク)などもご紹介!

すずらん(鈴蘭)の花言葉と由来

『すずらん』は、今にも鳴りだしそうな鐘の形をした、白く小さな花をつける植物です。
春が来たことを知らせてくれる花の一つで、非常に愛らしい花で、多くの方に好まれています。
すずらんはキジカクシ科スズラン属で、和名は『鈴蘭』、原産地はヨーロッパとアジアです。
日本に自生しているすずらんは、もちろん日本が原産国となっています。
多年草で、涼しい地域や高地の山野に自生しており、北海道の代表的な花にもなっています。
花屋などの店頭で見かけるすずらんのほとんどはヨーロッパ原産の『ドイツスズラン』という品種で、日本原産のものに比べて葉や花が大きいのが特徴です。
また、香りもドイツスズランの方が強く、香水の原料にもなっています。
大変可愛らしい花ですが、実はすずらんには毒があります。