菜の花の花言葉とは?意味や由来、色別(黄・白・紫)、英語名の花言葉もご紹介!

菜の花の花言葉と由来

『菜の花』の“菜”は食用であることを意味しており、菜の花は観賞用として楽しむだけでなく、食べる楽しみもあるということですね。
さらに油の採取にも用いられていることは有名ですね。
アブラナ科の黄色い花は『菜の花』と呼ばれていますが、観賞用と食用と油の採取用では品種が異なります。
菜の花は、アブラナ科アブラナ属の植物です。
別名、『花菜(ハナナ)』『菜花(ナバナ)』『油菜(アブラナ)』『西洋油菜(セイヨウアブラナ)』とも呼ばれています。
アブラナ科の食用植物には『青梗菜』『野沢菜』『西洋カラシ菜』『小松菜』『チリメン白菜』『アスパラ菜』『西洋油菜』などがありますが、これらも菜の花と呼ばれています。
一般的な菜の花は、「春に咲く黄色い花」というイメージがあるでしょう。
しかし実際には食用のものも非