紫苑(シオン)の花言葉とは?意味や由来、色別(紫・白)、英語名の花言葉もご紹介!

紫苑(シオン)の花言葉と由来

『紫苑』はキク科シオン属(アスター属)の植物で、原産地は日本・朝鮮半島・中国・シベリアです。
紫苑は花弁が放射状に伸びていることから、ギリシア語の『aster(星)』に由来して、学名を『Aster(アスター)』と言い、別名『鬼の醜草(オニノシコグサ)』『十五夜草(ジュウゴヤソウ)』などとも呼ばれています。
実は紫苑の花は絶滅危惧種となっており、流通量は非常に少なくなっています。
ですから紫苑の花を知らない方も多く、見たことがないという方は多いようです。
しかし平安時代は