ブルースターの花言葉とは?意味や由来、種類や季節、英語名などもご紹介!

ブルースターの花言葉と由来

『ブルースター』はキョウチクトウ科ルリトウワタ属の植物で、和名を『瑠璃唐綿(ルリトウワタ)』と言い、別名『オキシペタラム』『トゥイーディア』と言います。
原産地はブラジルやウルグアイで、青色の花が代表的ですが、ほかにも白色やピンク色の花を咲かせる品種があります。
青色の5枚の花弁が星のように見えることから『ブルースター』と呼ばれており、その花色はミルキーブルーと言われる優しい青色をしています。
様々な花の種類の中でも青色の花を咲かせる品種は非常に少なく、また、非常に可愛らしい花を咲かせることから人気の高い品種となっています。
とても素敵な花言葉を付けられていることから、結婚式に用いられることが多い花の一つとなっています。
それでは、そんなブルースターの花言葉をご紹介しましょう。

ブルースターの花言葉

・幸福な愛
・信じあう心
・早すぎた恋
・身を切る想い
・望郷
・星の精

などがあります。