クレマチスの花言葉とは?意味や由来、種類、英語名の花言葉もご紹介!

クレマチスの花言葉と由来

『クレマチス』はキンポウゲ科センニンソウ属(クレマチス属)の植物で、和名は『クレマチス』、別名『テッセン』『カザグルマ』『センニンソウ』『クサボタン』『ハンショウズル』などと呼ばれています。
原産地は日本・中国・ヨーロッパ・北アメリカなど非常に広く、花色は赤色やピンク色、白色・青色・紫色・黄色などがあります。
当初一種類だけだったクレマチスですが、16世紀頃から世界のクレマチスがイギリスに集結する形となり、交配が行われたことで品種改良が進んだと言われています。
日本にクレマチスが入ってきたのは中国からで、江戸時代にはいくつかの品種が作られていたとされています。
さらに桃山時代には栽培が行われ、日本においても品種改良が行われるように