鬼灯(ホオズキ)の花言葉とは?意味や由来、種類、英語名の花言葉もご紹介!

鬼灯(ホオズキ)の花言葉と由来

『ホオズキ』はナス科ホオズキ属の植物で、漢字で『鬼灯』と書きます。
また、地域によって呼び方が異なり、別名『奴加豆支(ヌカヅキ)』『輝血(カガチ)』『酸漿(サンショウ)』『鬼橙(ホオズキ)』『赤輝血(アカカガチ)』などとも呼ばれています。
原産地は東南アジアで、花色は白色や黄色のものが存在しています。
鮮やかな朱色の袋状のものはガクと呼ばれる部分で、袋の中には果実があります。
実を付けるのは8月~9月ですが、白色や黄色の花を咲かせるのは6月~7月頃です。
実際、鑑賞するのは実を付けてからとなるため、花の色をご存知ない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ホオズキが花を咲かせる時期に、日本各地では『ホオズキ市』が催されます。
江戸時代から続く浅草寺のほおずき市は大変