葉牡丹(ハボタン)の花言葉とは?意味や由来、種類、英語名などをご紹介!

葉牡丹(ハボタン)の花言葉と由来

『葉牡丹』はアブラナ科アブラナ属の植物で、和名を『葉牡丹(ハボタン)』、別名『牡丹菜(ボタンナ)』『阿蘭陀菜(オランダナ)』『ハナキャベツ』などとも呼ばれています。
原産地はヨーロッパで、特徴として11月~3月に葉が美しく色づくことが挙げられます。
葉牡丹は牡丹の仲間ではありませんが、牡丹に似た花を咲かせるため『葉牡丹』と名付けられたと言われています。
ただし葉が美しく色づくため、『葉牡丹』と名付けられたのです。
一年草として扱われることが多いですが、多年草として育てることも可能です。
多年草として育てることで枝を伸ばし、枝の先に花を咲かせるということができます。
花を咲かせた状態は“踊り葉牡丹(オドリハボタン)”と呼ばれています。
日本では牡丹に似ていると言われて