桃(モモ)の花言葉とは?意味や由来、色別、英語名の花言葉もご紹介!

桃(モモ)の花言葉と由来

『桃』はバラ科サクラ属の植物で、和名は『桃』、別名『花桃(ハナモモ)』『毛桃(ケモモ)』などとも呼ばれています。
原産地は中国で、花色はピンク色のほかに赤色や白色があります。
春に梅の花が咲き終わる頃、と一緒に咲き始める桃は、春を報せる花の一つとして有名ですね。
日本に入ってきたのは非常に古く、弥生時代の遺跡から桃の種子が見つかったという記録があります。
ですから、弥生時代には既に日本に渡っていたことが考えられます。
原産地の中国では、桃は不老長寿の花として考えられており。、邪気を払う神聖な花として捉えられていたそうです。
日本では、昔から鬼や悪魔などの魔除けとして考えられており、そのため女の子の節句として成長と幸せを祈願して、桃の節句が一つの行事として広がったと考えられます。
『桃』という名前は、実がたくさんなることから『百(もも)』が語