柊(ヒイラギ)の花言葉とは?意味や由来、種類、英語名の花言葉もご紹介!

柊(ヒイラギ)の花言葉と由来

『柊』はモクセイ科モクセイ属の植物で、和名は『柊(ヒイラギ)』、別名『鬼の目突き(オニノメツキ)』とも呼ばれています。
『鬼の目突き』と呼ばれるのは、昔、鬼が柊の葉の棘で目を突かれて逃げ去ったという言い伝えに由来しているそうです。
また、西洋では柊の棘がキリストを邪悪なものから護ったという言い伝えがあり、現在も魔除けとして使う風習が残っています。
日本でも節分に鬼を追い払うために飾ったり、鬼門除けとして用いられています。
原産地は日本や台湾などの東アジアで、“木編”に“冬”と書くように、冬の訪れを報せる花の一つに挙げられます。
柊の名前は、葉の縁の棘が語源となっていると言われています。
棘に触れると痛いことから、ヒリヒリ痛むという意味の「疼ぐ(ひひらぐ)」が語源になっているそうです。
それでは、そんな柊の花言葉をご紹介しましょう。

柊の花言葉

・用心深さ
・剛直
・先見の明
・保護
・歓迎</