百日紅(サルスベリ)の花言葉とは?意味や由来、種類、英語名などをご紹介!

百日紅(サルスベリ)の花言葉と由来

百日紅はミソハギ科サルスベリ属の植物で、和名は『猿滑』『百日紅』いずれも『サルスベリ』と読みます。
別名『百日紅(ヒャクジツコウ)』や『怕痒樹(ハクヨウジュ)』などとも呼ばれており、原産地は中国です。
花色は赤色・ピンク色・白色・紫色など様々あり、夏~秋にかけて次々と枝先に花を咲かせます。
『サルスベリ』という名前は、ツルツルの樹皮が猿でも滑ってしまうことに由来しています。
もちろん実際には、猿は簡単に登ることができます。
また『百日紅(ヒャクジツコウ)』という名前は、花の期間が長いことが語源となっています。
非常に美しい花を咲かせる樹木ですが、実は百日紅は「庭木として縁起が良くない」とされています。
庭に百日紅を植えたことで「夫婦仲が悪くなった」「姉妹兄弟の仲が悪くなった」「仕事運が良くない」「病人が出た」などの凶事が起こるとも言われています。
そして百日紅の木を切ることで運気