ケイトウの花言葉とは?意味や由来、種類、英語名の花言葉もご紹介!

ケイトウの花言葉と由来

『ケイトウ』はヒユ科ケイトウ属の植物で、和名は『鶏頭(ケイトウ)』と言い、別名『鶏冠花(ケイカンカ)』『韓藍(カラアイ)』『セロシア』とも呼ばれています。
原産地はアジアやアフリカの熱帯地方で、花色は赤色、ピンク色、オレンジ色、黄色、白色などがあります。
ケイトウは夏~秋にかけて花を咲かせ、花姿はまるでニワトリのトサカのようです。
和名の『鶏頭(ケイトウ)』は、その花姿に由来して付けられたと言われています。
また、ケイトウ属の学名は『Celosia(セロシア)』と言いますが、これは花色が燃えるような赤色であることからギリシア語の『keleos(燃えた)』が語源となっているとされています。
それでは