ザクロ(石榴)の花言葉とは?意味や由来、種類、英語名の花言葉もご紹介!

ザクロ(石榴)の花言葉と由来

『ザクロ』はミソハギ科ザクロ属の植物で、和名は『石榴(ザクロ)』で、別名『セキリュウ』『ジャクロ』などと呼ばれています。
原産地は西南アジアという説のほか、南ヨーロッパ、北アフリカとも言われています。
初夏に花を咲かせ、花色は赤色やオレンジ色など非常に色鮮やかです。
ザクロ属の学名は『Punica(プニカ)』と言いますが、これはラテン語の『Poeni(フェニキアの)』が語源となっており、フェニキア人の海外植民市であるカルタゴ周辺がザクロの原産地であると考えられていたことに由来します。
ザクロという名前は、イラン高原の南西の『ザグロス山脈(Zagros Mountains)』に由来していると言われています。
それでは、そん