ツユクサ(露草)の花言葉とは?意味や由来、種類、英語名の花言葉もご紹介!

ツユクサ(露草)の花言葉と由来

『ツユクサ』はツユクサ科ツユクサ属の植物で、和名は『露草(ツユクサ)』、別名『蛍草(ホタルグサ)』『月草(ツキクサ)』『鴨跖草(ツキクサ)』『帽子花(ボウシバナ)』『青花(アオバナ)』などとも呼ばれています。
原産地は日本、東アジアで、花色は鮮やかな青色、半日(午前中)しか花が持たないのが大きな特徴です。
ツユクサ属の学名は『Commelina(コメリナ)』と言いますが、これはオランダの植物学者“ヤン・コメリン(Jan Commelin)”とその甥の植物学者“カスパル・コメリン(Caspar Commelin)”の名前に由来して付けられたと言われています。
『ツユクサ(露草)』という名前は、花が朝露の中で咲