レモンの花言葉とは?意味や由来、種類、英語名の花言葉もご紹介!

レモンの花言葉と由来

『レモン』はミカン科ミカン属の植物で、和名は『檸檬(レモン)』と言います。
原産地はインド北部で、花色は白色です。
レモンの花はあまり知られていませんが5月~6月に開花し、大変良い香りがします。
ミカン属の学名『Citrus(シトラス)』と言いますが、これはラテン語の『citrus(キトルス)』が語源となっており、『シトロンの木』という意味があります。
『レモン』という名前は原産地のインドのヒンディー語の『limbu』が語源となっており、西洋にレモンが伝わる中で、スペイン語は『limon』、英語は『lemon(レモン)』となったと言われています。
それでは、そんなレモンの花言葉をご紹介していきますね。

レモンの花言葉

花の花言葉

・誠実な愛
・思慮分別
・情熱
・香気

実の花言葉

・熱情

などがあります。

【英語名】花言葉はこちら>>

レモンの花言葉の由来

レモンは恋愛に例えられることがありますが、そのことが由来となり『誠実な愛』『思慮分別』『情熱』などの花言葉が付けられ