銀杏(イチョウ)の花言葉とは?意味や由来、種類、英語名などをご紹介!

銀杏(イチョウ)の花言葉と由来

『イチョウ』はイチョウ科イチョウ属の植物で、和名は『銀杏(イチョウ)』ですが、同じイチョウの読み方で『公孫樹』『鴨脚樹』と書くこともあります。
原産地は中国で、春に黄色の花を咲かせて、秋に黄葉します。
葉は緑色から黄色に色を変え、秋を彩る代表的な樹木でもあります。
イチョウの学名は『Ginkgo(ギンコウ)』と言いますが、これは和名の『銀杏(ぎんなん)』の音読みである『ギンキョウ』が語源となっていると言われています。
また、イチョウの葉はお茶としても用いられており、健康茶として人気があります。
イチョウの葉茶の効能は、痴呆症や脳梗塞などの予防、記憶力低下の予防、アトピー性皮膚炎の改善、高血圧や糖尿病予防、便秘解消などがあるとされています。
それでは、そんなイチョウの花言葉をご紹介していきましょう。

銀杏(イチョウ)の花言葉

・荘厳
・長寿
・鎮魂

などがあ