苺(イチゴ)の花言葉とは?意味や由来、種類、英語名の花言葉もご紹介!

苺(イチゴ)の花言葉と由来

『苺』はバラ科オランダイチゴ属の植物で、和名は『苺(イチゴ)』、別名『オランダイチゴ』とも呼ばれています。
原産地は南北アメリカで、花色は白色やピンク色、赤色などがあります。
苺の実を果物として楽しむ方は多いですが、花は見たことがないという方は意外と多いかもしれませんね。
苺が花を咲かせるのは春です。
3月~5月に花を咲かせて実をつけます。
日本に入ってきたのは江戸時代のことで、オランダ人が長崎にもたらしたことが日本での苺の始まりだと言われています。
そんな理由があって、別名オランダイチゴ』と呼ばれているというわけです。
オランダイチゴ属は学名『Fragaria(フラガリア)』と言いますが、これはラテン語の『fargare(薫る)』が語源となっており、果実の甘酸っぱい香りが由来となっていると言われています。
『苺(イチゴ)』という名前の語源ははっきりしていませんが、日本書紀には「伊致寐姑(いちびこ)」、新撰字鏡には「一比古(いちびこ)」という記載があるので、この音が変化して『イチゴ』と呼ばれるようになったという説もあります。
英語では『Strawberry(ストロベリー)』ですが、この名前は“藁(straw)”の“ベリー(berry)”という意味で付けられたとされています。
「苺は麦わらを敷いて栽培していた」や「苺を麦わらに包んで売っていた」など諸説あるようですが、はっきりしたことは分かっていないようです。
それでは、そんな苺の花言葉をご紹