イチジク(無花果)の花言葉とは?意味や由来、種類、英語名などをご紹介!

イチジク(無花果)の花言葉と由来

『イチジク』はクワ科イチジク属の植物で、和名は『無花果(イチジク)』ですが、中国名では『映日果(エイジツカ)』と呼ばれています。
原産地はアラビア南部で、実は生食やドライフルーツのほかにもジャムやコンポートなど食用として様々な食べ方で楽しまれています。
実は栄養価が高く、家庭でも手軽に育てることが可能です。
イチジクという名前の由来は諸説あるようですが、一説では、昔「イチジクの実は1日に1個熟す」と言われていたことに由来して付けられたという説があります。
『一熟(イチジュク)』という名前が『イチジク』という名前になった説が有力であるとされていますが、中国名の『映日果(エイジツカ)』が『イチジク』に変化したという説もあります。
イチジクの歴史は古く、紀元前2700年には栽培されていたという記録が残っていると言われています。
旧約聖書やギリシャ