カタバミの花言葉とは?意味や由来、種類、英語名の花言葉もご紹介!

カタバミの花言葉と由来

『カタバミ』はカタバミ科カタバミ属の植物で、和名は『酢漿草(カタバミ』『片喰(カタバミ)』『傍食(カタバミ)』と呼ばれ、別名『雀の袴(スズメノハカマ)』とも呼ばれています。
原産地は南アフリカやアメリカの暖地で、5枚の花弁を持ち、春から秋にかけて花を咲かせます。
花色は黄色・白色・ピンク色・濃いピンク色・紫色など、様々です。
カタバミ属の学名は『Oxalis(オキザリス)』と言いますが、これは『oxys(すっぱい)』というギリシャ語が語源となっており、葉と茎にシュウ酸が含まれ酸味があることが由来しています。
また、和名の『カタバミ(酢漿草・片喰・傍食)』は、葉が食べられて片方が欠けているように見えることに由来して付けられた