カルミアの花言葉とは?意味や由来、種類、英語名の花言葉もご紹介!

カルミアの花言葉と由来

『カルミア』はツツジ科カルミア属の植物で、和名は『カルミア』で、別名『アメリカ石楠花(アメリカシャクナゲ)』『花笠石楠花(ハナガサシャクナゲ)』とも呼ばれています。
原産地は北アメリカで、花色は白色・ピンク色・紫色などがあります。
初夏に花を咲かせるカルミアですが、蕾は金平糖のような形をしています。
また、花はまるで笠のようで、とても特徴的な花姿をしています。
カルミア属は学名『Kalmia(カルミア)』と言いますが、これはスウェーデンの植物学者ペール・カルム(Pehr Kalm)の名前が由来となっていると言われています。
『花笠石楠花(ハナガサシャクナゲ)』という別名は、花笠のような花姿に由来して付けられたとされています。
それでは、そんなカルミアの花言葉をご紹介していきますね。

カルミアの花言葉

・優美な女性
・大きな希望
・野心

などがあります。

【英語名】花言葉はこ