グロリオサの花言葉とは?意味や由来、種類、英語名などをご紹介!

グロリオサの花言葉と由来

『グロリオサ』はイヌサフラン科グロリオサ属の植物で、和名は『グロリオサ』と言い、別名『百合車(ユリグルマ)』『狐百合(キツネユリ)』などとも呼ばれています。
原産地は熱帯アフリカや熱帯アジアで、花色は赤色やピンク、オレンジ色、黄色、白色などがあります。
夏にまるで炎のような花を咲かせる植物で、旧分類ではユリ科でした。
また、グロリオサ属は学名『Gloriosa(グロリオサ)』と言いますが、『gloriosus(見事な)』というラテン語が語源となっており、大きく反り返り色鮮やかで燃えるような色彩の艶やかな花姿が由来となって付けられたと言われています。