ジニア(百日草)の花言葉とは?意味や由来、種類、英語名の花言葉もご紹介!

ジニア(百日草)の花言葉と由来

『ジニア』はキク科ヒャクニチソウ属の植物で、和名は『百日草(ヒャクニチソウ)』と言い、別名『長久草(チョウキュウソウ)』とも呼ばれています。

原産地はメキシコで、花色は赤色・ピンク色・オレンジ色・黄色・白色・紫色・緑色などがあります。
ヒャクニチソウ属の学名は『Zinnia(ジニア)』と言いますが、これはドイツの植物学者「ヨハン・ゴットフリート・ジン(Johann Gottfried Zinn)の名前が由来となって付けられたと言われています。
夏から秋にかけて、長い期間に渡って咲き続けることから、和名の『百日草(ヒャクニチソウ)』とい