ノースポールの花言葉とは?意味や由来、種類、英語名などをご紹介!

ノースポールの花言葉と由来

ノースポールはキク科キク属の植物で、和名は『ノースポール』と言い、別名は『クリサンセマム・ノースポール』『クリサンセマム・パルドーサム』とも呼ばれています。
原産地は地中海沿岸や北アフリカで、花色は白色、花の中央が黄色をしています。
冬から初夏にかけてマーガレットに似た白色の花を咲かせるノースポールが日本に入ってきたのは1960年代のことで、比較的新しい品種であると言えますね。
寒さには比較的強く、冬から初夏までと長く花を楽しむことができます。
花名のノースポールは北極という意味で、株全体を覆うように真っ白な花を咲かせる様子が、北極の真っ白な大地を思わせることに由来て付けられたと言われています。
それでは、そんなノースポールの花言葉をご紹介していきましょう。

ノースポールの花言葉

・誠実
・冬の足音
・高潔

などがあります。

ノースポールの花言葉の由来

花言葉『冬の足音』は、