ユキヤナギ(雪柳)の花言葉とは?意味や由来、種類、英語名などをご紹介!

ユキヤナギ(雪柳)の花言葉と由来

『ユキヤナギ』はバラ科シモツケ属の植物で、和名は『雪柳(ユキヤナギ)』と言い、別名『小米花(コゴメバナ)』とも呼ばれています。
原産地は日本や中国で、花色は白色とピンク色があります。
春に小さな真っ白い花を枝いっぱいに咲かせ、非常に可憐で可愛らしいので人気があります。
シモツケ属の学名は『Spiraea(スピラエ)』と言い、『speira(螺旋・輪)』というギリシャ語が語源になっていると言われています。
和名の『雪柳(ユキヤナギ)』は、柳のような細長い枝と、その枝に咲かせる小さな白い花が雪が降り積もった様子に見えることに由来しているとされています。
また、別名の『小米花(コゴメバナ)』は、ユキヤナギの花が散った様子がまるで米を撒いたように見てることに由来していると言われています。
それでは、そんなユキヤナギの花言葉をご紹介していきましょう。

ユキヤナギの花言葉

・愛らしさ
・気まま
・殊勝

などがありま