弟切草(オトギリソウ)の花言葉とは?意味や由来、種類、英語名の花言葉もご紹介!

弟切草(オトギリソウ)の花言葉と由来

『オトギリソウ』はオトギリソウ科オトギリソウ属の植物で、和名は『弟切草(オトギリソウ)』、別名『鷹の傷薬(タカノキズグスリ)』『血止め草(チドメグサ)』とも呼ばれています。
原産地は日本、中国、朝鮮半島で、夏に小さな黄色い花を咲かせます。
オトギリソウ属の学名は『Hypericum(ヒペリカム)』と言いますが、これは『hyper(上に)』と『eikon(像)』というギリシア語が語源となっています。
この花が悪魔除けの像の上に置かれていたことが由来となっていると言われています。
和名の『弟切草(オトギリソウ)』という名前は、言ってはいけない秘薬の詳細を洩らした弟を兄が斬り殺した言い使えに由来しているとされています。
“秘薬と兄弟”の話を簡単にお話ししましょう。
平安時代中期のこと、晴頼という男が居ました。
晴頼は非常に優れた鷹匠でした。
晴頼は鷹がケガをするとある草を使って傷を治