蓮華草(レンゲソウ)の花言葉とは?意味や由来、種類、英語名の花言葉もご紹介!

蓮華草(レンゲソウ)の花言葉と由来

『レンゲソウ』はマメ科ゲンゲ属の植物で、和名は『紫雲英(ゲンゲ)』『翹揺(ゲンゲ)』などと呼ばれており、別名『翹揺草(ゲンゲソウ)』『蓮華(レンゲ)』などとも呼ばれています。
原産地は中国で、赤色や白色、紅紫色、紫色などの花色があります。
またレンゲソウにまつわるギリシア神話もあります。
そのギリシャ神話をご紹介しましょう。

ある日のこと、仲のいい姉妹が祭壇に捧げる花を摘みに野へと行きました。
姉妹は水辺に咲いているレンゲソウを見つけ、その花を摘んだのです。
すると、折った茎から血が流れました。
その花は、ニュンペー(ギリシア神話の精霊や下級