ペリドットの意味や効果・浄化方法などをご紹介!【パワーストーン】

ペリドットのパワーストーンとしての意味と効果

ペリドットは、黄緑色が印象的な石です。
ペリドットの成分は隕石と酷似しており、昔から『太陽の石』として崇拝されてきました。
ポジティブなエネルギーをもたらし、ネガティブなエネルギーを取り除いてくれる護符としても親しまれてきた石です。
紀元前1500年頃には、エジプトでペリドットが宝飾品として好まれていました。
当時は太陽神を強く崇拝していたこともあり、特別な宝石として扱われてきたのです。
ペリドットは別名『イブニングエメラルド』と呼ばれており、明るく黄緑色で高い透明感がある石なので、高級感を感じさせ、パワーストーンとしては非常に希少な石です。
宝石としての鉱物名は『オリビン』と言い、大粒で透明感がある石は宝石として加工されます。
光の屈折率が高く、少しの光でも強い輝きを放っているように見えることから、宝石としても大変人気の高い石となっています。

では、ペリドットにはどんな効果があるのでしょうか。

・パートナーとの円満な関係
・パートナーとの信頼を高める
・希望を持ち、優しい気持ちになれる
・暗い気持ちを取り除く
・前向きで明るい感情を生む

ペリドットは夜になると輝くと言われており、持っていると暗闇への恐怖から救われると言われています。
心を癒し、前向きな気持ちで生きられるようにサポートし、夢を叶えてくれる石なのです。
心が重くなってしまったときや、自信を喪失して気持ちが辛くなってしまったときなど、ペリドットを身に付けることをおすすめします。
『太陽の石』として心を照らし、希望を与えてやる気を復活させてくれるでしょう。

ペリドットの浄化方法

ペリドットは、基本的にどんな浄化方法でもOKだとされています。
ただし、衝撃に弱く酸にも弱いため、日光浴や塩浄化は短時間で切り上げる必要があります。
紫外線で変色や劣化することはありませんが、熱に弱く変色する恐れがありますので、日光浴は注意が必要です。
塩浄化では、粗塩の上に置く程度であれば問題はありませんが、中に埋めるような浄化の仕方は避けた方が良いでしょう。
また、塩浄化を行った後には、十分に流水で洗い流し、柔らかい布で水分をしっかりと拭き取り、陰干しするようにしてください。

ほか