タロットカード「18:月(ムーン)」の意味と解釈【仕事・恋愛】

タロットカード18:月の意味

『月』のカードは一対の塔と2匹の犬が描かれており、犬の下にはザリガニが、空には人の心が映し出された大きな月が描かれています。
右側に向かって満ちていく月は慈悲を表し、犬は残忍さを、その下のザリガニは下等な本能を表しています。
一対の塔と2匹の犬は潜在意識と顕在意識の2つの意識を表し、月は人の心を映し出すと言われています。
月の表情からは何かに悩む様子が読み取れるように、心理的な変化を物語っています。
月の満ち欠けは心の闇が満ちていくことを暗示していますので、正位置では不安が憂鬱が増す様を表し、逆位置では不安からの回復と解釈することができるでしょう。

【月】正位置の意味

月

『月』のカードの正位置の意味は