ダウジングの鑑定もできる“当たる占い師”は→この人!

ダウジングとは?

ダウジングとは、木や竹でできた棒、針金、振り子などを使って目的のものを探すことを言います。
かつては、水脈や油田を探すために用いたり、温泉などを掘り当てるときにも利用されていたようです。
最も一般的なダウジングとして、L字に曲げた針金「ダウジングロッド」持って歩き、地下にある水脈や油田や温泉などを探し当てるというものです。
最近では、埋設されている水道管を探し当てるために、一部の水道局の職員の間では「ダウジングロッド」が便利に使いこなされています。
そうなのです。
ダウジングの最も大きな特徴は、占術者でなくとも使いこなすことができるということです。
これは、特殊な能力と言うよりも、元々人間に備わった能力が作用するもので、探し物の波動に反応するという仕組みのようです。

Oリングテストも、ダウジングの一種になります。
人差し指と親指でOの字を作り、反対側の手に食品や薬品などを持ち、Oの字を誰かに引っ張ってもらいます。
引っ張ったときの指の開き具合で、持ったものが合っているのか、良いのか悪いのかを判定します。

【振り子を用いたダウジング】
振り子は、5円玉や50円玉に糸などのひもを縛って作ります。
紐の長さは15cm程度が良いでしょう。
ちょうど良い大きさであれば、ペンダントを使用しても良いです。
最も良いのは、水晶のペンダントです。

紙に十字を書き、縦方向に「YES」横方向に「NO」と書いてください。
はじめに対話する相手は、必ず潜在意識としてください。
意識している顕在意識と深層心理に隠れる潜在意識の対話を行います。

まず、振り子を十字を書いた紙の上で持って、「潜在意識さん、対話を始めてもよろしいですか?」と問い掛けてください。
「YES」の方向に動いたら、質問を続けます。
「NO」の方向に動いた場合は、一旦やめてください。
時間をおいて、心を落ち着かせてからもう一度行ってください。

質問の内容は、初めのうちは簡単なものが良いでしょう。
「私は男性ですか?」「私は女性ですか?」などが良いですね。
振り子の揺れを止めるときは、「YESですね、サンキュー、ストップ」と言うと止まります。
いくつか質問をして終了するときは「対話を終了してもよろしいですか?」と聞いて、「YES」の方に動いのを確認して、「終了します、サンキュー」で終了します。
「NO」の方向に動くこともあります。
このような場合は、ほかにも質問するべき重要な事が残っていることが考えられるので、心当たりが無いか考えてください。
どうしても思い当らないときには、「心当たりが無いので対話を終了してもよろしいですか?」と聞きてください。

誰にでも行うことができるダウジングですが、遊び半分で行うようなことはやめましょう。
また、終了するときには、上記にあるようなきちんとした形で終了してください。

ダウジングの鑑定もできる当たる占い師5選!【電話占いヴェルニ限定】

神楽(かぐら)先生