スピリチュアル的な胃痛の意味は?胃腸炎は?吐き気がしたときは?

スピリチュアル的な胃痛の意味

胃が痛くなりやすい人、胃が丈夫な人、胃痛には個人差がありますね。
胃痛の原因にはストレスが大きく影響しますが、なぜストレスはほかの部位ではなく“胃”に影響するのでしょうか。
それは、胃痛にはスピリチュアル的にその人に気付いてほしい特定のメッセージがあるからです。

スピリチュアルな胃痛のメッセージには、『愛が足りません』『孤独になりそうですよ』という意味があります。
様々なことを背負って、一人で全てを解決しようと奔走している人に、実は胃痛になりやすい人は多いようです。
家族や友人、上司や同僚など、知らず知らずのうちに寄せ付けないオーラを出し、だんだん人から遠ざかって孤立してしまいそうなことに「気付いて」というメッセージです。
そのような人は、人に迷惑をかけることを恐れ、遠慮し、なるべく何でも自分で解決しようとしています。
しかし本来人は、一人では生きてはいけないのです。
甘えることも迷惑をかけることも、全て『お互いさま』だということに気付きましょう。
手伝いを頼むことも、悩みを相談する人も、人には必要なことです。
胃痛を感じたら、人との関わりを大切にしてみましょう。

スピリチュアル的な吐き気の意味

吐き気を感じるのは、スピリチュアル的な意味があります。

・意にそぐわない、消化しきれない出来事や悩みがある
・急激なエネルギーの変化
・心理的に、誰かに脅されている
・何かに恐怖心を抱えている