スピリチュアルで紐解く太る理由や原因は?

スピリチュアル的な太る理由は?

『考えたことが現実になる』と言われていますが、考えないようにしようと思っても感情までは押さえつけることはできません。
心の中に溜め込んだ感情は、そのまま太る原因になることがあります。
どんなにダイエットを頑張っても太ってしまう人は、内面的な原因を探る必要があるでしょう。

大食いや早食いは太る原因になると言われていますね。
では、なぜ大食い・早食いをしてしまうのでしょうか。
それは、食事を大切にしていないからです。
そしてその原因は“忙しさ”というストレスでしょう。
忙しいとき、人は急いで食事を摂ります。
そして食事を大切にしないことがまた、ストレスを生んでいるのです。
食べるという行為で、人は幸せを感じることができます。
脳はそのことを知っていますので、幸せを感じるまで食べようとするでしょう。
食べたいという欲求が増し、さらに食べることを疎かにすることでストレスを溜め込み、気付くと食習慣は乱れてしまうのです。
そして食べることがストレス発散の方法の一つとなるため、悪循環に太ってしまいます。

そして太ることで、人は食べるという行為に罪悪感を感じることがあります。
特に大食いをすると、「また食べてしまった・・」という後悔が残り、因果応報的に太る原因となるのです。
地球上のものには人間や石ころも含めて全てのものに『波動』があり、一種のエネルギーである波動には高い波動・低い波動があります。
そして波動は共鳴し合い、引き合います。
ストレス解消の大食いは非常に波動の低い行動で、そこで生まれる後悔や罪悪感が『太る』ということを引き寄せているのです。

大切なのは罪悪感を感じない食事であり、落ち着いた気持ちで幸せを感じる食事です。
食べるという行為は能動的な行動ですので、意識を変えることが大切です。

スピリチュアル的な太る原因は?

人は安定を好みます。
仕事や収入の安定は幸せに繋がりますし、心の安定にも関連します。
しかし安定するということには、新たなものを生み出さないというデメリットもあります。

これを食事に当てはめてみると、食習慣が一定のパターンを繰り返すことで、体は安定してその習慣を身に付けます。

・食後のスイーツ
・暑い日の冷たい食べ物
・週末のアルコールの多量摂取
・肉料理がなければ満足できない
・夜遅くまで食べてしまう

こうした食習慣は決して体が求めているものではなく、体が覚えてしまった良くない食習慣です。
インしたカロリーがアウトするカロリーよりも高ければ、太るのは当然です。