スピリチュアル目線で考える辛い時の過ごし方とは?

辛いのは魂の学び

「どうしてこんなに辛いことばかり起こるんだろう」
「自分は人より苦労が多い」
そう感じている人は、実は魂のレベルが高いことが考えられます。

実際に、なぜか人より辛い出来事が多く、次々と解決しなければいけないことが起こる方がいます。
しかし、苦労が多いことを悲観的に捉える必要はありません。

人は誰でも、魂のレベルを上昇させることを目的に生まれてきます。
そのために学びがあり、それは試練となって現れます。
ただし、与えられる試練は、誰でも『その人が乗り越えられるレベル』のものと決まっています。
中には、与えられた試練がその人に過酷すぎて、魂が耐えられずに人生にピリオドを打ってしまう方もいますが、基本的には生まれる前に『超えられる試練』だけを持って生まれてくるのです。

ですから、もしも自分が人より苦労が多いと感じたり、或いは人より辛い人生を歩んでいると感じる場合、その人の魂のレベルがそれだけ高いということです。
レベルの高い魂は、さらにその上を目指すことになりますので、それだけ与えられる試練は人より過酷で多くなります。
辛いことも苦労も多いかもしれませんが、どうですか、結果的には一つ一つ乗り越えていませんか。
その先にはもっと高いレベルへの上昇が待っています。

逆に、それほどの苦労でなくても、それほど大変なことでもなくても、「辛い」「もう嫌だ」と乗り越えることが困難な人もいます。
そのような方は、まだ修行が始まったばかりの新しい魂かもしれません。
周りにそのような人がいても、寛大な目で見てあげてはいかがでしょうか。

“辛い時”は、『学んでいる』のだと覚えておきましょう。

辛い時に助けてくれるのはソウルメイトかもしれない

ソウルメイトは、過去世でも共に過ごした魂の繋がりを持つ存在です。
無条件に信頼関係を結ぶことができ、互いに魂を磨き合う関係ですので、親友や夫婦、仕事上の繋がりなど、様々な関係で出会うことになります。
そしてソウルメイトは何度も生まれ変わって共に過ごし、強い結びつきで共に助け合う関係でもあります。
相手が困っているとき、損得勘定なしに手を差し伸べ、辛い時には救いになります。
まさに無償の愛で結び付いており、当然のように助けて、当たり前のように相手の幸せを願うのです。
ですから一切の見返りを期待することはありません。
それはお互いに相手に対して言えることで、お互いの困ってい