眠れないことのスピリチュアルな意味は?満月の夜は眠れないって本当?

スピリチュアルにおける睡眠の意味

『眠れない』ことを考察する前に、まずはスピリチュアルにおける『睡眠』の意味を考えてみましょう。

信じられないかもしれませんが、人は眠っているときに魂は霊界に帰っていると言われています。
魂が本来いる場所は霊界ですので、『帰っている』という表現になります。
ただし、ほとんどの方が霊界に帰っていた記憶など残っていないでしょう。

そして眠っても眠っても眠いときは、魂はレベルアップする前兆です。
魂がレベルアップするときには多くのエネルギーを要しますので、エネルギーを蓄えるために眠ることが必要なのです。
睡眠は、医学的に体や脳を休めるために大切だといわれていますが、実は魂のエネルギーを蓄えるためにも非常に重要です。
ぐっすり眠ってすっきり目覚めることができる人は、短い睡眠で霊界に変えることができる人かもしれませんね。
なかなか疲れが取れないときには、たくさんの睡眠を取って霊界でゆっくり過ごすのも良いかもしれませんね。

眠れないときのスピリチュアル的な原因

では、本題です。
眠れないときのことをスピリチュアルな視点で見てみましょう。

スピリチュアル的な原因には、霊の憑依が考えられます。
遊び半分で心霊スポットへ行ったり、冷やかしで肝試しをしに墓地に出かけるなど、霊がいるような場所へ行ったときに波長が合う霊が憑依することがあります。
また、ご先祖さまや親しかった人の命日にお墓参りをしていないときなど、亡くなった方の霊が「お参りに来てくださ