スピリチュアル的に考えるイライラするときの正体は?

イライラの原因をスピリチュアルで考える

イライラすることは誰でも経験があるでしょう。
しかし人によって滅多にイライラしない人もいれば、いつもイライラしている人もいますね。
そして同じ事柄が起こっても、そのことに対してイライラする人もいれば、しない人もいます。
では、そのイライラの原因は何なのでしょうか。

人は年を重ねるごとに人生経験を経て成長し、徐々に人間性も丸くなっていくと言われています。
つまり、まだ未熟な年代の人ほどイライラすることもあるでしょうし、カッとすることもあるということです。
スピリチュアルでは、未熟な魂ほどイライラしやすく短気だと言われています。
一見、若い人ほどイライラしやすいと取れますが、実は年齢は関係ありません。
成長して成熟した魂の人ほど、大らかで穏やかになるのです。
短気を起こす人やいつもイライラしている人は、スピリチュアル的には『自分の魂は未熟です』と言っているようなものです。

人の言動につい反射的にイライラしてしまったり、思うようにならないことにイライラするなど、イライラしやすい人にとっては毎日がイライラの原因だらけだと感じているでしょう。
しかしイライラすることの原因は決して相手にあるものではありません。
相手の言動にイライラしたとしても、それは自分の魂の未熟さが原因なのです。
イライラは、自分が考える物事と起こっていることに違いがあることで起こります。
例えば、眠りたくて静かな環境を求めているときにガヤガヤと騒がしくなると、自分が眠ろうとしたことの邪魔になってイライラすることがあるでしょう。
これは、自分主体でそのことを考えるからイライラしますが、相手主体、或いは客観的に考えることができると、自ずとイライラすることはなくなります。
つまり、イライラにはその人のエゴが絡んでいるということです。
甘えが強く、分かってもらえないことにイライラしているのです。
イライラは甘えの裏返しであり、魂の未熟さを表しています。

イライラするときは要注意!

さらに、スピリチュアル的には、イライラするときはトラブルが近づいてきていることを表しています。
例えば、知り合いの言動にイライラし、その流れで時間に余裕がなくなってイライラして、急いで買い物をしたら買い忘