お酒がスピリチュアル的に及ぼす影響は?

お酒やタバコはスピリチュアルに悪影響なのか

お酒やタバコには常習性があります。
このようなものを摂取することは、スピリチュアル的に好ましいことではありません。
スピリチュアルなパワーを持っている人の場合、お酒やタバコはやめることをお勧めします。
実は、スピリチュアルなパワーはお酒やタバコで感覚が鈍ることがあります。
人にもよりますが、ほとんどの方が実感として感覚の鈍りを感じたり、体に痺れを感じるようです。
ですから、スピリチュアル系の仕事をしている人は、お酒やタバコはやめた方が良いでしょう。

また、一般の方でも、お酒やタバコなどの常習性のあるものを摂取することで、不調を感じたりオーラのズレが起こることがあります。
オーラが肉体からズレると、その隙間に異物が入り込んでエネルギーに影響し、波動も下がってしまいます。
特にお酒やタバコの過剰摂取は、心身ともに良くない影響を与えてバランスを崩してしまいます。
ですから、お付き合いでお酒の席に参加するときには、適量を守ることをお勧めします。

お酒を大量に飲むことでエネルギーのバランスが崩れ、霊的な体質の場合は、霊が憑依してしまうこともあります。
そうなると、霊にお酒を飲まされている状態になり、人が変わったようになってしまうこともあるのです。
お酒を飲むと人が変わってしまう人は、もしかしたらそのような状態なのかもしれません。

そしてオーラが肉体からズレている状態に慣れてしまうと、アルコール中毒やニコチン中毒になってしまう場合もあります。
人は肉体に宿った霊ですので、過剰なお酒やタバコでバランスが崩れて重くなった肉体を苦痛に感じることもあります。
しかし多くが、苦痛な感覚を感じないように常習性を持ってしまうのです。
こうした悪循環は、肉体にも魂にも良いことは一つもありません。
『心地よい』と感じる以上に、肉体は疲弊してエネルギーが巡らない状態になっているはずです。

スピリチュアル的、お酒のエネルギー

スピリチュアルでは、どんなものにも波動があると言われています。
つまり、石ころにさえもエネルギーはあるということです。
ただし、すべてのエネルギーが良いエネルギーとは限りません。

お酒にもエネルギーは存在します。
お酒のエネルギーは人の想念のエネルギーを増幅しますので、良いエネルギーの場合は問題ありませんが、悪いエネルギーを増幅すると