スピリチュアルな光の存在とは?光の粒は?写真に写り込む光は?

目を閉じても見える光

瞑想中や眠ろうとしたとき、光が見えたという経験はありませんか。
目を閉じても見えてしまう光を『丹光』と言います。

丹光は“サードアイ”(『第三の目』『第6チャクラ』)の活性化で見える光で、気功用語です。

第6チャクラは額にあるチャクラのことで、見えない世界の入り口だと言われています。
つまり丹光は、“サードアイ”が開くことで見えるようになるのです。
丹光は誰でも持っており、瞑想などで見えるようになるケースが多いようです。
瞑想中や眠るときに目を閉じている状態で、光が見えたり眩しいと感じることがあるでしょう。
それが丹光です。
見える光は、真っ白だという人もいれば、紫色、青や赤、緑やオレンジ色という方もいます。
中には虹色という人もいますし、様々な色が交じり合っているという人もいます。

子どものころは誰にでも見えるのが丹光です。
しかし大人になると自然と見えなくなってしまい、瞑想やスピリチュアルセラピーを受けることで見えるようになるのです。
丹光を見ることができない人は、瞑想を行って第6チャクラを開いてください。