スピリチュアル的に人が孤独を感じる理由は?天涯孤独な人にはどんな意味がある?

人が孤独を感じる意味

誰でも、孤独感を感じることはあります。
どんなにたくさんの人と関わって生きている人でも、孤独感を感じることはあるのです。
孤独を感じるのは、人間関係が上手くいっていないとき、仕事や生活上で上手くいかないことがあるとき、弱音を吐きたいときなどでしょう。
中には、学校や職場などで人と合わず、孤独を感じている方もいるでしょう。

孤独感を感じると、人は「自分は誰からも必要とされていない」「自分なんか居なくてもいいのかもしれない」「自分は愛されていないんだ」と考えかもしれませんね。
そんな気持ちになって今これを読んでいる方は、ちょっと考えてみてください。

“あなたが居なくなったらどうなると思いますか?”

「自分が居なくなったって、世界は何も変わらない」そう思った方がいるとしたら、それは非常に嘆かわしいことです。
慰めでもなんでもありません。
周りをよく見てください。
生活する中で、人生を生きていく中で、誰でも誰かと関わっているはずです。
誰とも関わらずに生きている人は居ないのです。
つまり、人が一人居なくなるということは、必ず誰かに影響を与えるということなのです。
「自分が居なくなったって、世界は何も変わらない」
そのようなことは有り得ません。何も変わらないなどということはありません。

この世に存在するすべての人は、必ず何かしらの役目を担い、使命を持って生まれてきます。
そうです、『人は必要とされている』ということです。
忘れてはいけません。この世で今世を生きているのは誰かに愛されているからであり、その存在が必要だ