ミステリーサークルの真実に迫る!日本にもあるの?宇宙人からのメッセージ?

ミステリーサークルの真実

ミステリーサークルは、畑で栽培されている穀物の一部がサークル状の模様を描く形でなぎ倒される現象で、その模様は非常に美しいことでも知られています。
特徴に一つに、穀物は決して刈り取られることはなく根元から曲げられる形で倒されており、不自然に変形しているということが挙げられます。
また大変大きなものですが、驚くことにすべてのミステリーサークルは一夜にして作られています。
イギリス、ドイツ、アメリカ、アフリカ、中国と5つの国で発見されており、これまで実に1200を超えるミステリーサークルが発見されています。

1991年、そのミステリーサークルを作ったのは自分たちだと名乗った人物がいます。
イギリス人のダグ・バウワーとデイブ・チョーリーです。
彼らの証言では、最初にミステリーサークルを作り始めたのは1978年頃だということです。
世界中に注目されたことに気を良くして、約250ものミステリーサークルを作ったと言います。
実際に作り方を再現してみると、短時間で作ることが可能でした。
それ以降、何人もの人たちが「ミステリーサークルを作ったのは自分だ!」と名乗を挙げており、『ミステリーサークルは人為的な悪戯だった』という説が有力になったのです。

しかし不可解な点がまだまだ残っています。
第一に数が多すぎます。
証言した人たちすべての数を考慮しても、1200を超える数には『人為