マンデラエフェクト(マンデラ効果)とは?パラレルワールドとの関連性は?

マンデラエフェクト(マンデラ効果)とは?

『マンデラエフェクト』別名マンデラ効果は、事実とは異なる記憶のことを指します。
一般的にはそういう現象を“勘違い”や“記憶違い”と言いますが、事実とは違う記憶を持っている人が何人もいる場合、それは単なる“勘違い”や“記憶違い”だとは言えませんよね。
『マンデラエフェクト』が注目されたのは、かつて南アフリカの大統領に就任したネルソン・マンデラ氏に関する記憶が発端となっています。

ネルソン・マンデラ氏は南アフリカに対して黒人差別の撤退を訴え、1964年に国家反逆罪で終身刑を言い渡されました。
その後、時代が変わり1990年には釈放され、1993年にノーベル平和賞を受賞し、さらに1994年には南アフリカの大統領に就任したのです。
非常に劇的な人生を送ったネルソン・マンデラ氏は、2013年12月5日に逝去しました。
これがネルソン・マンデラ氏の実際の人生です。

しかし作家のフィオナ・ブルーム氏の記憶によれば、『ネルソン・マンデラ氏は1980年代に獄中で亡くなった』というのです。
そして葬儀の際には南アフリカの住民たちが大変嘆き悲しみ、逝去後には南アフリカの各地で暴動が起こったと言います。
さらにネルソン・マンデラ氏の妻のスピーチは、心に残る素晴らしいものだった!とも・・。

当時、フィオナ・ブルーム氏は単なる記憶違いだと考えていました。
ところが同様の記憶を持っている人に出会い、それが単なる勘違いではなかったことを知るのです。
その奇妙な状態をおかしく思ったフィオナ・ブルーム氏は、2010年にそのことを自分のブログに書き込みます。
反響は想像以上