自己憐憫の意味とは?心理的特徴や克服方法を解説!

自己憐憫の読み方と意味

自己憐憫という言葉を聞いたことはありませんか?
『自己憐憫』とは「じこれんびん」と読み、読んで字の如く、自分を憐れんでかわいそうだと思っている人の感情を指します。
自分に関して悲観的に捉える傾向にあり、「どうして自分ばっかり・・・」「自分はなんてかわいそうな人間なんだろう」「自分ほど不幸な人間はいない」などの思考が根深く存在しています。
些細な出来事も悲観的に捉えてしまうため日常的にいつも感情が不安定で、非常に敏感にネガティブな要因を見つけ出すため、周りからは被害妄想が強い人だと思われることも多いでしょう。
そうした感情の背景には、他人に対して『認めてほしい』『分かってほしい』『許してほしい』という強い気持ちがあり、自分がかわいそうな人間だということを分かってもらい、優しくしてほしいと望んでいます。
過剰に自分をかわいそうだと思っているため、様々なことに対して被害者のような気持ちになりやすく、身近な人のことも信用できなくなってしまいます。

自己憐憫の特徴

自己憐憫に陥っている人の大きな特徴として、『常にアテンションが自分に向いている』という心理があります。
常に「どうして自分ばっかり・・」「自分はなんてかわいそうな人間なんだろう」などの感情を抱いている自己憐憫に陥っている人は、出来事や物事に関わる際に自分にばかり意識が向いていることが理由の一つとなっています。
そのため他人を信用することができず、人間不信に陥ることも多いでしょう。
親友やパートナーなどの長年一緒に過ごしてきた人や、親兄弟でさえも心から信用できないという人もいます。
些細なやり取りで傷つき、相手のことを『自分を傷つける人』として認識してしまうため、自己憐憫に陥っている人は「誰のことも信用でいない」というケースが多いようです。
周りが冗談だと分かるようなことでも自己憐憫に陥っている人は過剰に反応してしまったり、他人が親切でやってくれたことでも被害妄想で悪意として捉えてしまうこともあります。

自分を憐れむ自己憐憫の心理はナルシストに近い?

自分自身をかわいそうだと憐れむ自己憐憫に陥っている人は、自分の不幸には敏感に反