先端恐怖症の原因と症状を解説!克服や治療についてもご紹介!

恐怖症とは?

『恐怖症』と呼ばれるものはたくさんありますね。
『高所恐怖症』『対人恐怖症』『赤面恐怖症』ほかにも『男性恐怖症』や『閉所恐怖症』など、世の中には実に様々な恐怖症があります。
珍しいものでは『アリ恐怖症』や『姑恐怖症』などという恐怖症もあります。
『恐怖症』は、ある特定の状況や物に対して過度の恐怖感を感じるもので、さらにそのことで日常生活に支障を来してしまう状態を言います。
恐怖症は正しい治療を受ければ、時間はかかりますが克服することが可能です。
ただし自己流で行うと悪化する恐れがありますので、専門家の下で正しい指導と治療を受けることをおすすめします。
ここでは『先端恐怖症』についてお話ししていきましょう。

先端恐怖症の症状

では、『先端恐怖症』とはどんな疾患なのでしょうか。
『先端恐怖症』は先の鋭いもの・尖ったものに過剰に恐怖を感じるもので、そのことによって日常生活に支障を来たすものを指します。
一般的に包丁やナイフなど、先が尖ったものを怖いと感じることは自然なことです。
しかし『先端恐怖症』の人は過剰な恐怖心を感じてしまうため、便利に使えば役立つものでも、怖くて使うことができないのです。
例えば、ハサミや包丁、カッターナイフなどは、一般的に誰でも正しく使用することで危険を感じることはありません。
そういう認識が当たり前のようにできているのです。
しかし『先端恐怖症』の人は、先の鋭いものや尖ったものに対して、自然に受け入れられる認識ができていません。
ですから一般的に普段の生活で普通に使われているハサミや包丁、カッターナイフなどは、『先端恐怖症』の人にとって使うどころか見ることもできないものなのです。
それは日常生活で明らかに支障があることが分かりますね。
『先端恐怖症』は、単に先が尖ったものが怖いと感じているだけではないのです。
怖いという認識があっても、日常生活に支障がなければ『先端恐怖症』ではありません。
例えば、「包丁を見ただけで震えが止まらなくなる」という症状があれば、これは『先端恐怖症』だと言えるでしょう。
ほかにも「メイクをするときにアイライナーに恐怖を感じる」や「恐怖でコンタクトを目に入れることができない」「鉛筆やペンを使えない」「箸が怖