巨像恐怖症とは?原因と症状、克服する方法をご紹介!

巨像恐怖症とは?

『巨像恐怖症』をご存知でしょうか。
初めて聞くという方も多いかもしれませんね。
或いは、ご自身が巨像恐怖症でこの記事に辿り着いたという方もいるのではないでしょうか。

『巨像恐怖症』は、大きな建物や巨像などに対して恐怖心を抱き、日常生活に支障を来たす症状があるものを指します。
例えば高く大きなビルや大きな仏像など、世の中には思っている以上に大きなものが存在しており、日常においてそれらを避けることは困難です。
そうしたものを見るたびに恐怖心でいっぱいになり、大量の汗をかいたり震えが止まらなくなるなど、心身に症状が出るのが『巨像恐怖症』です。

『巨像恐怖症』にはいくつかの種類があります。

メガロフォビア

大きなものすべてに恐怖を感じます。

ルックアップフォビア

見上げるような大きいものに恐怖を感じます。

ペディフォビア

大仏や銅像など、人の形をしている大きなものに恐怖を感じます。

巨像恐怖症の人が怖いと感じる大きいものとは?

『巨像恐怖症』の人が怖いと感じるものには一般的に怖いと感じることがないものが含まれるため、周りの理解を得ることが非常に難しく、軽く捉えられたり、無