オウム返しという傾聴技法!意味とやり方とコツをご紹介!

オウム返しの意味

『オウム返し』は一つのコミュニケーションスキルであり、様々な場面で使われています。
相手が言った言葉をそのまま返す『オウム返し』は、悩みを相談されたときや子どもの話を聞くとき、或いはクレーム処理などでも相手に心理的効果を与える方法です。
ただし、上手く『オウム返し』ができなければ、逆効果になることもありますので安易に考えてはいけません。
例えば、「この間お土産でもらったケーキがすっごく美味しかったの!また太っちゃったよ」と友だちに言われたときに「また太ったの?」と、この部分をオウム返しすると相手は不愉快な気分になることがあるでしょう。
この場合は“もらったケーキが美味しかった”という部分に着目して、「へぇ~、もらったケーキが美味しかったんだ!」が妥当でしょう。
オウム返しをする言葉によって、話の流れはことなります。
この例でいくと、「また太ったの?」の部分をオウム返しすると、友だちが太った話を会話の流れですることになります。
そして「もらったケーキが美味しかったんだ!」の部分をオウム返しすると、ケーキの話を展開することになります。
話の中心が何なのか理解してオウム返しすることで、会話は楽しくもつまらなくもなるのです。

オウム返しは傾聴技法

『オウム返し』には、相手に「理解してくれている」「分かってくれている」と思わせる効果があります。
例えば、「Aランチを2つ、食後にコーヒーとオレンジジュースをお願いします」とファミレスでオーダーした際、「かしこまりました」と言われるのと、「Aランチがお二つ、お飲み物は食後にコーヒーとオレンジジュースですね」と言われるのとでは、どう印象が違いますか。
恐らく、ほとんどの方が後者の「Aランチがお二つ、お飲み物は食後にコーヒーとオレンジジュースですね」と『オウム返し』に言われた方が安心感があるのではないでしょうか。
「きちんと把握している」という安心感は、ファミレスでオーダーするときだけではありません。
悩みを相談したときや、子どもがお母さんに話を聞いてほしいとき、或いはクレームを言うときなど、『オウム返し』は「自分の話をきちんと聞いてもらえている」という安心感を感じることができるのです。

ですから『オウム返し』は、カウンセリングなどでも傾聴技法として使