人前で緊張しない方法とあがり症の克服が→これ!

人前で緊張しないために緊張の正体を知る!

緊張とは『心や体が張り詰めた状態』になることを指しています。
ほとんどの人がこれまでの人生で緊張を経験したことがあるのではないでしょうか。
ただし、緊張しやすい人としにくい人がいるようですね。

緊張は交感神経が優位になることで興奮作用を起こすノルアドレナリンが発生し、そのことで心身に影響することが分かっています。
体の変化としては、心拍数の増加や下痢や腹痛、不眠や痛みに過剰に反応するなど、様々な症状があります。
心理的には落ち着きがなくなるなどがありますね。
緊張によって起こる症状は人によって個人差がありますが、緊張の度合いや緊張“する”“しない”という面でも大きな個人差があります。
さらには、「いつも人前での発表は慣れているのに会場が変わったら緊張した」ということや「いつも緊張するのに今日はそばに信頼している人が居てくれたから緊張しなかった」などということもあります。
緊張は、人や状況・環境などに大きく左右されることが分かりますね。

では、緊張しやすい人としにくい人のそれぞれの特徴を考えてみましょう。

緊張しやすい人の特徴

・上手くやらないといけないという強いプレッシャーがある
・物事をネガティブに捉えがち
・人や環境や状況などを過大に評価して恐れてしまう
・過去に失敗したトラウマがある
・準備不足
・完璧主義

緊張しにくい人の特徴

・失敗や間違いを気にしない
・他人の評価より自分の満足度を重視している
・客観的に自分を観ることができる

緊張しやすい人と緊張しにくい人の違いが分かりますね。

では、緊張を克服する方法はあるのでしょうか。