カルマの法則を分かりやすく解説!人生のカルマとは?

カルマ=因果応報

『カルマ』と『ダルマ』という言葉をご存知でしょうか。
『ダルマ』は自然の流れを指し、『カルマ』はその流れを止めることを意味しています。
カルマは日本語で言うと『因果応報』と訳すことができます。
因果応報は、善い行いには良い報いがあり、悪い行いには悪い報いがあるということです。
元々は仏教語で、最近は悪い方に使われることが多いようですね。
原因によって生じた報いを意味しています。
カルマは元々ヒンズー教の教えですから、宗教に纏わる思想であるということでは一致していますね。

どのような形であっても“自分の行いは自分に返ってくる”という思想がカルマの法則です。
「言いたくても言えなかったこと」「羨ましかったのに意地悪してしまったこと」「ごめんねと言いたかったのに逆に怒ってしまったこと」
こんなことを誰でも経験したことがあるのではないでしょうか。
“思ってもできなかったこと”それもその時の自分の気持ちです。
すべては自分に跳ね返り、良くも悪くも返ってきます。
ただし、見返りを期待して良い行いをしようとするのは間違いです。
そこには「良い見返りがあるように」という自分の本心がありますから、その気持ちが跳ね返ってくることになるでしょう。

誰もが抱える人生のカルマ

カルマとは、それぞれの魂が掲げる課題です。
つまり、魂が知りたいと願っていることや、人生で抱える疑問や矛盾などに対する“回答”が返って来ると捉えると良いですね。
そして魂は、実はこの課題の回答を出すことをプロセスとして楽しんでいます。
それが魂の成長に繋がるのです。

魂にはそれぞれのカルマがあります。
しかしこの世の魂のすべてが抱える共通のカルマも存在するということを知っておいてください。

・自分は何者?
・自分は何を目指しているの?
・幸せって何?
・自分が心から求めているものは何?
・なぜ苦しみながら幸福に繋がらない努力をするの?
・どうしたら本当の自由を手に入れることができるの?
・なぜ変化を恐