ガヤトリーマントラの意味と効果は?人類最強のマントラ!

マントラとは?

『マントラ』はサンスクリット語で、宗教的な意味を持つ賛歌や祈りなどのことを指しています。
日本語に訳すと“真言”ですが、密教では呪文的な語句とされており、仏や菩薩の教えなどが秘められていると捉えています。

マントラは数多く存在しますので、それぞれのマントラによって唱える意味は異なります。
古代インドで唱えられてきたマントラには、宗教的な儀礼や祈祷で唱える定型句の呪術的なものと、瞑想の手助けをするものがあります。
古代インドの修行の一つヨーガでは、瞑想で雑念を消すためにマントラが使われていたそうです。
マントラを唱えると心が穏やかになり、精神が鎮まる効果があると言われています。
マントラを長時間唱えることで、免疫力がアップし、自然治癒力が増し、生命力が回復するとされており、悩みや迷いからも解放されると言われています。

また、マントラの中には呪文的な意味を持つものも存在し、心願成就の効果があるものもあるということです。

ガヤトリーマントラの効果

では、『ガヤトリーマントラ』はどんなマントラなのでしょうか。
ガヤトリーマントラは贖罪のマントラとされており、罪の許しを請うときに使われるそうです。
ガヤトリーはヒンズー教で『ヴェーダの母』と称されており、すべてのマントラの母として考えられている神です。
マントラを唱えるすべての者にインスピレーション・知性・悟りを与え導き、感覚を司る神だと言われています。

誰でもポジティブな