負のスパイラルの原因と抜け出す方法が→これ!

負のスパイラルの原因として考えられること

『負のスパイラル』とは、連鎖的に悪いことが起こること、悪循環、失敗を重ねることなど、最初に起こった悪いことに関連して次々と悪い結果が続いてしまう状態を指しています。
決して珍しいことではありませんので、負のスパイラルに陥った経験がある人は多いのではないでしょうか。
『スパイラル』という言葉は、螺旋状、渦巻き状などの意味があり、螺旋状の場所にボールを落とすとどんどん下へ下へと転がり落ちていく様が「連鎖的に悪い状況へと転がり落ちる状態」を表していることから、『負のスパイラル』という言葉に用いられています。

負のスパイラルに陥る原因は、偶然や運だと思っている方も多いようですが、それだけではありません。
考え過ぎ、過剰なストレス、逆の意味で引き寄せとなっていることがなどが考えられます。
ただし、何度も負のスパイラルに陥ってしまう方の場合は、考え癖が原因だと言えるでしょう。
ネガティブ思考が癖になっている人がいますが、ネガティブな思考が身に付いている人は負のスパイラルに陥りやすいと言えます。
「陥りやすい」というより、負のスパイラルの状態を作り出していると言っても良いでしょう。
ネガティブな思考は、そのまま発言や行動に影響を与え、その結果連鎖的に悪いことが起こるということです。
ですからネガティブ思考の癖が治らなければ負のスパイラルから抜け出すことはできませんし、逆に言えば、ネガティブ思考の癖を治せば負のスパイラルを繰り返すことはな