五芒星の意味は?五芒星は魔除けとして効果があるって本当?

五芒星の意味とは?

五芒星という言葉をご存知でしょうか?
読み方は、五芒星(ごぼうせい)と読みます。

実は五芒星は誰でも見たことがあると思います。
5つの角を持つ星マークで、同じ長さの線が交差して構成された、中心に五角形がある図形のことです。

五芒星のマーク
世界中で魔術の記号として、守護用、悪魔の象徴などの意味を持つこともあります。
つまり、五芒星は文化や地域によってその意味を変え、存在しているということです。

ヨーロッパでは、タロットカードの作者であるアーサー・エドワード・ウェイトが所属していた秘密結社“黄金の夜明け団”の『バラの十字』に五芒星がいくつも描かれていました。
黄金の夜明け団では、タロット占い・占星術・錬金術・カラバ神秘学・西洋魔術などの研究が盛んに行われていたそうです。

中国では、古代中国発祥の自然哲学“五行思想”で、五芒星が描かれることがあります。
万物は『木・火・土・金・水』の5つの元素から成り立ち、五芒星の形が元素の関係性を意味しているとされています。

日本では、五芒星と言えば『安倍晴明』が有名ですね。
スピリチュアルが好きな方であればご存知でしょう。
日本を代表する平安時代の陰陽師です。
安倍晴明もまた、五芒星を魔除けとして活用していたと言われています。
現在も晴明神社の鳥居などには神紋として五芒星が掲げられ、『晴明桔梗(せいめいききょう)』と呼ばれています。

五芒星は魔除けとして効果があるのか?

五芒星は魔除けとしての効果があると言われており、スピリチュア