徳を積む意味や6つの方法などを解説!人生を豊かにするために

徳を積むの意味

『徳を積む』とは、簡単に言うと「善い行いをする」ということです。
すべての人には必ず来世があり、徳を積んでいる人は来世で幸せな人生を送ることができると言われています。
お金や人、才能やチャンスなどに恵まれ、豊かな人生を送ることができるでしょう。
言わば、来世のために幸せの貯金をするようなものですね。

また、来世だけではなく、積んだ徳は今世でも反映されます。
自分が行った善い事は、何らかの形で必ず返ってきます。
逆に、悪い事も自分に返ってくるという話を聞いたことがあるでしょう。
徳を積まなかった人、或いは悪行ばかりをしている人は、来世の人生が酷いものになると言われています。
そういう人は、今世においても悪運から抜け出すことができないでしょう。

徳を積む6つの方法</