初頭効果とは?親近効果やハロー効果との違いは?【覚えておくと便利な心理学】

初頭効果とは?【覚えておくと便利な心理学】

『初頭効果』は心理学用語です。
提唱者であるソロモン・エリオット・アッシュは第一印象は出会って6~7秒で決まると言っており、電話に関しては3秒で決まると言っています。
ポーランド出身のソロモン・エリオット・アッシュはアメリカで活躍した心理学者で、ゲシュタルト心理学者でもあり、実験社会心理学の開拓者の一人でもあります。

人は第一印象が重要で、最初の6~7秒でその人の印象は決まってしまうと言います。
最初に得た情報は後々まで影響し、その人を判断する際の判断材料となって影響を及ぼします。
そしてその人や物の第一印象が残り続けることを『初頭効果』と言うのです。
『初頭効果』は長く持続するため、約半年程度は印象として残るということが分かっています。
ですから初対面の第一印象は非常に重要だと言えますね。
例えば就職の面接やお見合いなど、比較的短時間で結論を出すような場面では、第一印象が大きく作用すると言えるでしょう。

初頭効果と親近効果

『初頭効果』は、第一印象でその人や物の印象が決まってしまうということを意味してい