ワンネスとは?ワンネスの正体と体験方法をご紹介!

ワンネスとは?

『ワンネス』をご存知ですか?
初めて聞く言葉だという方も少なくないのではないでしょうか。
『ワンネス』を説明するに当たって、先に申し上げておかなければいけないことがあります。
『ワンネス』を説明するのは非常に難しく、実は「明確な説明ができる人はいないのではないか」とさえ言われています。
『ワンネス』はスピリチュアルなお話であり、哲学的な話でもあります。
それぞれの解説の仕方があり、また捉え方がありますので、可能であれば何度か繰り返して読みながら先へ進むことをおすすめします。

ここではスピリチュアルな『ワンネス』についてお話ししていきましょう。

ワンネスのスピリチュアルな意味

『ワンネス』を一言で説明するのは非常に難しいのですが、敢えて言うなら「世界はひとつである」ということではないでしょうか。
“ひとつ”は“唯一”や“オンリーワン”という意味ではなく、丸々一括りにすべてがひとつである様や、心と体がひとつになることや、自分と他者がひとつになることなど、いくつもの物がひとつになることを意味しています。
家族はひとつであり、人々はひとつであり、世界はひとつであり、宇宙ごとすべてはひとつであるという、果てしなく続く無限の可能性のお話しです。
いいえ、人が単位になっているわけではありません。
体と心はひとつだし、大地と人もひとつです。
そうした『ひとつになること』或いは『ひとつであること』、そしてその状態が『ワンネス』なのです。
多くのスピリチュアルな話はこの『ワンネス』に繋がり、『ワンネス』に辿り着くことで合点がいくこともあります。
スピリチュアルな世界では、現実世界以外に別の世界が存在していたり、目に見えない存在を光やオーラなどで感じることもあります。
また、言葉では説明し切れない存在も多々ありますが、そうしたことは『ワンネス』を理解すれば自身の中で解釈することに繋がるでしょう。

『ワンネス』は頭で理解することは困難ですが、体感することによって一気に理解することができるようになります。
非常にシンプルに「ひとつになること」なのですが、「最終的にはひとつである」ということなのです。